ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

本会場のやきもの公園広場。古代から近世にかけての世界を代表する珍しい窯を12基再現。

掘り出し物もずらり!
日々の暮らしを彩る波佐見焼が一堂に

使い勝手の良さとデザイン性の高さから、近年人気を集めている波佐見焼。今年で60回目を迎える『波佐見陶器まつり』では、町内に点在する150もの窯元や商社が一堂に集結。お買い得な商品が並ぶこともあり、全国から30万人以上が足を運ぶ。ろくろ体験(無料)など、焼き物作りに関するイベントも。

波佐見陶器まつり

  • 4/29(祝)〜5/5(祝)

  • ①やきもの公園広場 ②第2会場

  • ①長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2 ②波佐見有田IC入口

  • 0956-85-2214(波佐見陶器まつり協会)

  • 9:00〜17:00

  • 期間中なし

  • 入場無料

  • 普通車3,000台(¥500/1日)

伊江島の海の青とユリの白が織り成す絶景!
日本一早いユリ祭りがスケールアップ

沖縄本島の本部(もとぶ)港からフェリーで約30分、伊江島の北側にある伊江村リリーフィールド公園で毎年開催される『伊江島ゆり祭り』。広大な敷地に真っ白なテッポウユリが咲く様子は、島の春の絶景シーンだ。23回目の今回は世界のユリも10品種増えて100品種に。伊江島ならではの食事と共に、ユリと青い海のコラボを満喫しよう。

伊江島ゆり祭り

  • 4/22(日)〜5/6(日)

  • 伊江村リリーフィールド公園

  • 沖縄県国頭郡伊江村字東江上3087

  • 0980-49-2906(伊江島ゆり祭り実行委員会)

  • 終日開放

  • なし

  • 入園無料

  • 100台(無料、本部港)
    ※フェリーに関する問い合わせは伊江村公営企業課(0980-49-2255)まで。
    車両を航送する場合は要事前予約

九州は宮崎からスタート!
『新海 誠』作品の魅力に迫る

アニメーション監督・新海 誠のデビュー15周年を記念した展覧会「新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」が、宮崎に上陸。その軌跡を、絵コンテや作画などの貴重な制作資料で紹介。新しい映像表現に挑戦し続けてきた新海作品の魅力に迫る。俳優・神木隆之介の音声ガイド(有料)も必聴!

新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで

  • 4/14(土)〜5/27(日)

  • みやざきアートセンター

  • 宮崎市橘通西3-3-27 アートセンタービル 入場口5F

  • 0985-22-3115
  • 10:00〜18:00(展示会最終入場17:30)

  • 期間中なし

  • 一般 ¥1,200、中高生¥800、小学生 ¥600、未就学児無料

  • なし

全国に広まった鯉のぼり祭り
その発祥が、ここ杖立温泉

下から見上げてもよし、川沿いの温泉旅館の部屋から一望するのもよし。

4月1日(日)〜5月6日(日)に行われる『杖立温泉鯉のぼり祭り』。毎年同日程で開催され、今年で39回目と歴史も長く、ここから全国へ広まったといわれる。山間の温泉街を流れる杖立川の上を、各地から集められた約3,500もの鯉のぼりが約1kmにわたって悠々と泳ぐ、春の風物詩だ。ライトアップされる夜の景色は、幻想的で情緒たっぷり。

杖立温泉鯉のぼり祭り

  • 4/1(日)〜5/6(日)

  • 杖立温泉一帯

  • 熊本県阿蘇郡小国町下城杖立

  • 0967-48-0206(杖立温泉観光協会)

  • 期間中なし

  • 無料(一部有料イベントあり)

  • 200台(無料、杖立温泉共同駐車場)

  • HPtsuetate-onsen.com

新出作品や貴重な共演も
横山大観作品を一挙公開

右隻(写真)には群青の富士、左隻には緑青の樹叢(じゅそう)を描いた金泥地の屏風。琳派の影響を感じさせる、明快な構図と印象深い色使いは、 近代的な富士図として評価が高い。

日本画の巨匠、横山大観の生誕150年を記念した大回顧展『生誕150年 横山大観展』。水の一生を描いた、40m超の日本一長い画巻『生々流転(せいせいるてん)』をはじめ、初公開となる『白衣観音(びゃくえかんのん)』や『彗星(すいせい)』など約90点を展観する。なかでも、日本の四季を描いた『夜桜』と『紅葉』の共演は必見。この2つの大作が同時に見られるまたとない機会だ。

生誕150年 横山大観展

  • 4/13(金)〜5/27(日)

  • 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー、2Fギャラリー4

  • 東京都千代田区北の丸公園3-1

  • 03-5777-8600(ハローダイヤル)

  • 10:00〜17:00、金土10:00〜20:00(最終入館各30分前)

  • 月 ※4/30(祝)は開館

  • [前]一般¥1,300、大学生¥900、高校生¥400、[当]一般¥1,500、大学生¥1,100、高校生¥600

  • なし

  • HPtaikan2018.exhn.jp/

昼と夜で異なる美しさがある
絢爛豪華な車山を見に・・・

『犬山祭』は、犬山城の麓に鎮座する針綱(はりつな)神社の祭礼。高さ約8m、重さ約5t、3層構造になっている13輌の車山(やま)が城下町を巡り、笛や太鼓に合わせてからくり人形を披露する。夜は各車山に365個もの提灯が灯され、昼の華麗さとは異なる幽玄な姿を見せる。サクラが咲き誇る中で、ユネスコ無形文化遺産にも登録された祭りを楽しもう。

犬山祭

  • 4/7(土)・8(日)

  • 犬山城下町一帯

  • 愛知県犬山市犬山北古券ほか

  • 0568-61-6000(犬山観光案内所)

  • 8:00〜21:45(犬山祭)、9:00〜21:00(犬山観光案内所)

  • 観覧無料

  • 360台(¥300/60分、内田観光駐車場)

2018年4月1日時点の情報です

関連記事

北海道から沖縄まで、36軒の名店が競う日本一のラーメンを決めるイベントが開幕!

復興への願いを込め、熊本の夜空を彩る10,000発の花火を市民とともに愛でよう

明治維新150周年記念!約15,000発の花火が夏の夜を華やかに彩る

出張や観光の途中にわざわざ立ち寄りたい延岡の交流&発信拠点

天然ビーチに隣接する『フサキリゾート』のリニューアル第1期はプールエリアを大改造

華やかなパレードで
祭り気分を盛り上げる神戸の初夏の風物詩

もっと見る