• 閉じる
    行き
    搭乗日
    カレンダー
    帰り
    搭乗日
    カレンダー
    宿泊・人数
    参加人数
    ※3歳以上
    1部屋あたりの利用人数
    地区
    地域
    日数
    ソラシド+(ぷらす)とは
  • 閉じる
    ホテルがおトク!
    旅行から出張まで様々な用途にお使いいただけます。
    • 楽天トラベル
    • Booking.com
    レンタカーもおトク!
    NIPPON Rent-A-Car
    ソラシドエアで予約すると、ニッポンレンタカーが割引価格でご利用いただけます。予約画面で航空券の予約番号を入力してください。
    • バーゲンシリーズ利用者限定 スペシャルレンタカープラン
    • ご出発1時間前まで予約可能! ソラシドレンタカープラン
    • 沖縄限定!! 3日前までの予約で特割プラン
    • ソラシドエア就航15周年記念 レンタカーキャンペーンプラン
キャンペーン [ Campaign ]

旬香周島 おきなわ

Be.okinawa
Find to Traditional Okinawa 古き良き沖縄の”良きもの“に出会う旅

音楽や食、工芸といった、昔から
沖縄で大切に受け継がれてきた沖縄の伝統根っこにあるもの。
それは自然に寄り添い、大切な人を想う心こそが、
かけがえのない人生の宝なのだと
私たちに教えてくれているようです。
これまで大切に守られ愛されてきた伝統や
現代に新しく形を変えながら生まれる伝統。
この土地にしっかりと根づいたこれら沖縄の心に触れたなら
きっと私たちの日常にも、彩り豊かなものになることでしょう。

協力:沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー
Be.okinawa
旬香周島 おきなわ Find to Traditional Okinawa 古き良き沖縄の”良きもの“に出会う旅

eat いくつもの文化が交差する、沖縄の食をいただく

eat1 真壁ちなー

築約130 年の赤瓦の民家で
沖縄そばを味わう
沖縄らしい伝統的な建物といえばやはり、赤瓦葺きの木造家屋。1891(明治24)年頃に建てられた『真壁ちなー』は、琉球石灰岩の石垣に囲まれた、約400坪の敷地に建つ平屋の民家で、現在は飲食店として利用されています。戦火を奇跡的に逃れたこの建物は2005年に国から文化的な価値を認められ、民家では沖縄で初めて登録有形文化財に指定されました。沖縄に伝わる昔ながらの間取りを踏襲し、床の間のある一番座と、仏壇のある二番座と呼ばれる部屋を客席として開放。料理は看板メニューの沖縄そばをはじめ、沖縄の家庭料理や日替わりの手作りデザートなどを提供しています。沖縄そばはカツオだしが効いたクセのないスープが特色で、中太の麺やトッピングの肉との相性も抜群。沖縄そばの食べ歩きを趣味とする「そばじょーぐー(そば好き)」からも高い評価を受けています。
DATA
住所 糸満市真壁223
電話 098-997-3207
営業時間 11:00-16:00
定休日 日曜・月曜
URL makabechina.ti-da.net

eat2 沖縄料理しまぶた屋

琉球在来豚アグーを
「せいろ蒸し」で味わう
アグーは沖縄固有の在来豚で、古くから沖縄の食文化を支えてきた存在です。一時は絶滅の危機に陥ったものの、やがて有志の力により復元し、10年ほど前から本格的に食用として利用が始まるとたちまちブームが巻き起こります。アグーは一般の豚肉と比べて霜降りの割合が多く、独特の甘みと旨味は人々を魅了し、今や沖縄を代表する食材の1つになりました。その火付け役の一端を担ったのが『沖縄料理しまぶた屋』。看板メニューの「せいろ蒸し」は、肉の余分な脂を落とし栄養だけを閉じ込めて、素材の旨味を純粋に味わえるアグーに適した調理法。旬の島野菜とともにいただけるとあって、連日多くのお客で賑わっています。他にもアラカルトでアグーを使ったオリジナル料理も充実。泡盛とともに沖縄の夜を満喫してみては。
DATA
住所 恩納村字恩納6369-1
電話 098-966-1450
営業時間 17:00-24:00
定休日 不定休
URL okinawa-sinka.jp

eat3 中本てんぷら店

ドライブ中の
小腹を満たしてくれる
揚げたての天ぷら
島内のいたるところに専門店があり、子どもから大人まで親しまれているてんぷら。手づかみで食べられるその手軽さからおやつとしてはもちろん、おかずやビールのおつまみとしても愛されています。那覇空港から車で南へ50分ほど、奥武島(おうじま)へと続く橋を渡るとすぐ右手に見えてくる中本鮮魚てんぷら店は、曜日を問わず行列ができる人気の店。ショーケースにはアーサ(あおさ)やもずく、ウムクジ(紅芋)といった沖縄らしい食材を使った揚げたてのてんぷらが並び食欲をそそります。卵をたっぷり使った衣には厚みがあり、フリッターのような食感。味もしっかりしていて食べ応えも充分です。値段もリーズナブルで1つ65円~。海が見える店先で食すもよし、テイクアウトすればドライブのお供にも最適です。
DATA
住所 南城市玉城字奥武9
電話 098-948-3583
営業時間 11月~3月 10:00-18:00
4月~10月 10:00-19:00
定休日 木曜 ※臨時休業有り
URL nakamotosengyoten.com

eat4 シーサイドドライブイン

基地の味をそのままに。
古き良きアメリカにふれる
レトロジャーニー
透き通るような青い海を目の前に望む「シーサイドドライブイン」は、沖縄初のドライブインレストランとして知られ、1967年の創業以来、ドライブ途中の休憩所として島民に親しまれています。米軍基地内の味を再現したメニューは、古き良きアメリカの雰囲気を残し、レトロな旅情がたっぷり。豚骨ベースのスープ(店内250円/テイクアウト200円)は、まろやかな口当たりにさっぱりとした味わいが魅力。他にボリュームたっぷりのシーサイドサンド(480円)やビーフカレー(800円)は、手作り感あふれる味わいがどこか懐かしく、スープと合わせて頂くと身も心も元気いっぱいになれます。また県内有数のサンセットスポットとしても知られています。
DATA
住所 国頭郡恩納村字仲泊885
電話 098-964-2272
営業時間 テイクアウト24時間
ホール8:00-24:00(LO23:00)
定休日 なし
URL seaside-drivein.com

eat5 3S cafe

本格ハンバーガーで、
沖縄の食材をたっぷりと
昔ながらのお店が並ぶ、嘉手納町新町通り商店街に店を構える「3S cafe」。サーフショップさながらのオシャレな外観と、柔らかな光がたっぷりとふりそそぐ明るい店内が訪れた人を優しく迎え入れてくれます。店一番の人気メニュー「黒毛和牛の牛すじミートソースチーズバーガー」は、第3回沖縄バーガーフェスタでグランプリを受賞。オーナーシェフの岩城さんは洋食で料理の基礎を学び、そこで得た技術をハンバーガーに活かしたいと発案したそうで、ハンバーグステーキの手法で作られたパティはジューシーな味わいが口いっぱいに広がり、紅芋を混ぜ込んだバンズはほんのりとした甘さが香り立つ、沖縄ならではの豊かな味わいが存分に楽しめます。
DATA
住所 中頭郡嘉手納町嘉手納445-12 1F
電話 098-911-3833
営業時間 11:30-20:00
(Lunch11:30-14:30)
定休日 日曜・祝日(月曜はランチのみ)
URL 3s-cafe.com

eat6 シーサイドドライブイン

60年前から変わらぬ味と人気。
沖縄初のタコス専門店
トウモロコシの粉で作ったトルティーヤと呼ばれる生地に、炒めたひき肉やレタス、チーズなどを挟んで食べるタコス。メキシコと国境を接するアメリカ南西部では古くから定番のグルメとして親しまれ、戦後、アメリカの統治下に置かれた沖縄にもその影響は及びました。沖縄市にあるショッピングモール、中央パークアベニューに店を構える『チャーリー多幸寿』は、1956年に創業した沖縄で初めてのタコス専門店。独特のモッチリとした食感のあるトルティーヤと島唐辛子を使った自家製サルサソースが特長で外国人客を中心に人気が沸騰し、米軍公認の飲食店に与えられる"Aサインレストラン"の認可も受けました。タコスのメニューはビーフ、チキン、ツナの3種類。タコスの具材をごはんにのせて食べる沖縄発祥のB級グルメ、タコライスもあり、こちらも人気です。
DATA
住所 沖縄市中央4-11-5
電話 098-937-4627
営業時間 11:00-21:00(L.O.20:45)
定休日 木曜(祝日は営業)

explore 沖縄の新しきを訪ね、古きを知る

explore7 PORTRIVER MARKET ポートリバーマーケット

オシャレな
外人住宅街にある
にぎわい市場
浦添市港川の住宅街の一角に、白い平屋のコンクリート造住宅が建ち並ぶ「港川ステイツサイドタウン」と呼ばれるエリアがあります。ここはもともと米軍関係者向けにつくられた住宅街でしたが、ここ10年ほどの間におしゃれなカフェや雑貨店が続々と誕生。異国情緒あふれる建物や街の雰囲気と相まって、県内外から多くの人が集まる人気スポットになりました。2013年にオープンした『PORTRIVERMARKET』は、沖縄伝統の陶器やちむんをはじめ、服飾雑貨や食料品、土産品などを扱うセレクトショップです。オーナー夫妻が県内全域を駆け回り、納得して仕入れた"本当にいいモノ"だけを販売。沖縄在住の作家とコラボして生まれたオリジナル商品もあります。何度来ても飽きない、楽しさいっぱいの店内は、その店名の通り、港川のにぎわいを増幅する市場のようです。
DATA
住所 浦添市港川2-15-8 #30
電話 098-911-8931
営業時間 月・水・金曜11:00-18:00
火・木・土曜12:30-18:00
定休日 日曜・祝日
URL portrivermarket.com

explore8 宜野湾ファニチャーストリート

戦後
アメリカ文化が香る
中古家具店を巡る
米軍基地が集中する沖縄本島中部の街では、戦後、生活のあらゆる面にアメリカ文化が浸透し、ビジネスも活発に行われました。宜野湾市では国道58号真志喜北交差点から伊佐交差点までの通り沿いに、米軍施設やアメリカ領事館などで使用された家具を販売する店が点在。いつしか「ファニチャーストリート(家具通り)」と呼ばれる人気スポットになりました。今では軍の払い下げや下取りの家具を扱うだけではなく、購入者の希望に応じて加工・アレンジしてくれたり、1960~70年代のデザインをリメークして販売したり、それぞれの店が独自のサービスを展開しています。県外・国外への発送も行っており、観光客も多く訪れます。家具店の他にも、個性的な雑貨店やコンセプトショップなどが沿道やその周辺に見られ、エリア全体にアンティークな雰囲気が漂っています。
DATA
住所 宜野湾市大山国道58号周辺

experience 沖縄の心を体感する

experience9 那覇市伝統工芸館

琉球伝統の技法で自分だけの漆器作り
14世紀に進貢貿易が始まると、主に中国漆器の技法を取り入れ、後に日本からの影響を受けながら独自の技法として発達したと伝えられている琉球漆器。その技術力や芸術性の高さは世界的な注目を集め、献上品として珍重されてきました。那覇市伝統工芸館では、そんな琉球漆器の技法を用いた壁掛やコースター作りが体験できます。はじめに漆と顔料を混ぜて練られた餅状の素材を薄く延ばし、下書きの模様にカット。それを漆で器に貼り付け、専用の紙で磨きけば完成です。各工程ごとに伝統工芸師がコツを教えてくれるので、指先の器用さに自信がない方でもオリジナルの漆器作りが楽しめます。また材料や道具は準備されているので手ぶらでも大丈夫です。このほか同施設では琉球ガラスやびんがた、壺屋焼や首里織などの体験メニューも行われています。
※各体験メニューは電話かメールにて事前予約が必要。受付は10時~16時(12時~13時は除く)
DATA
料金(1名あたり) コースター2,700円、壁掛け3,240円
開催時間 10:00~、13:00~、15:00~
所要時間 約1時間
住所 那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇2F
電話 098-868-7866
URL kogeikan.jp

experience10 ACO沖縄

沖縄芸能のパワーを体感。
新感覚の歌舞劇「沖縄燦燦」
沖縄では歌三線や琉球舞踊が今なお人々の生活の中に息づいています。ユネスコ無形文化遺産に登録された組踊のように格式高い歌舞劇をはじめ、ビギナー向けに創作された現代風の芝居もあり、見る人の好みや目的に応じて幅広く楽しめるのも魅力です。中でも2013年に公演が始まった「沖縄燦燦(さんさん)」は、三線・バイオリン・パーカッションの生演奏に合わせて、琉球舞踊を基本としたエネルギッシュな踊りで魅了する歌舞劇。県外・海外でも数多く公演され、世界的に著名なフランス・アヴィニョンとイギリス・エジンバラの演劇祭では最高評価の5つ星を獲得しました。沖縄芸能界、新進気鋭の若手演者たちが「古典芸能の大作に匹敵する舞台」「公演のたびに達成感が大きく、次回もまたチャレンジしたいと思える作品」と口をそろえる迫力ある舞台となっています。
DATA
公演名 沖縄燦燦/Ship of the Ryukyu
(沖縄芸能マグネットコンテンツ舞台公演)
公演日時 2018年2月9日20:00~/
2月10日16:00~、20:00~/
2月11日13:00~、16:00~
料金 一般2,500円/高校生以下2,000円
上演時間 約60分
会場 那覇市ぶんかテンブス館・テンブスホール
(那覇市牧志3-2-10 4階)
主催・問い合わせ ACO沖縄
電話 098-887-1333
URL aco-okinawa.com

experience11 沖縄体験ニライカイナ

冬の風物詩サトウキビを収穫して
マイ黒糖作り
沖縄では冬の時期がサトウキビの一般的な収穫シーズン。『沖縄体験ニライカナイ』では、斧や鎌といった伝統的な工具を用いてサトウキビを刈り、黒糖&サトウキビジュース作りまで楽しめる体験プログラムを開催しています。経験豊富なスタッフが手取り足取りレクチャーしてくれるので、慣れない畑作業も安心。刈り取ったばかりのサトウキビを丸かじりできるのは、参加した人だけが味わえるお楽しみのひとつです。収穫後は屋内作業場へ移って機械で搾り、ゆっくり直火で煮詰めれば、オリジナル黒糖のできあがり。作業後は取り分けておいた搾り汁を温めて、果汁100%のジュースもいただけます(冬季以外はキビシロップ黒糖カキ氷)。黒糖はパック詰めして記念のラベルを貼り、体験の思い出にお持ち帰りできます。
DATA
ツアー名 サトウキビ刈りとおいしい黒糖作り
<できたて黒糖のおみやげ付き>
料金(1名あたり) 4名以上参加時2,500円、3名時3,000円、2名時4,000円
開催時間 9:30~、14:30~(専用畑完備。冬季以外も通年催行)
所要時間 約2時間
集合場所 恩納村国頭郡恩納村山田3111(やまだ体験広場)
電話 098-964-1616
URL niraikanai.co.jp
Find to Traditional Okinawa 古き良き沖縄の”良きもの“に出会う旅
PAGE TOP