空港・機内サービス [ service ]

感染症・インフルエンザ等に感染している恐れのあるお客様へ

他のお客様に伝染する恐れのある感染症の方、または感染症の疑いがある方は、ご搭乗いただけません。また、インフルエンザなど学校保健安全法で出席停止が定められている感染症のうち、出席停止期間の基準を過ぎていないお客様は航空機搭乗に適しておりません。
ただし、医師により感染の恐れがないと認められた場合にはこの限りではありませんので、主治医にご確認ください。場合によっては診断書をご用意していただくことがあります。

参考:学校保健安全法に定められた感染症の出席停止期間
病名 出席停止の基準
インフルエンザ 発症後5日、かつ、解熱後2日(幼児3日)が経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消失した後2日を経過するまで

上記に記載していない学校保健安全法で出席停止の具体的な日数が定められていない感染症もあります。
主治医に航空機搭乗に問題ないことをご確認いただくようお願いします。

PAGE TOP