ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

鹿児島市内にある九州ケーズデンキ本部。

設立
2007年
社員数
440人
平均年齢
34.5歳
男女比
男性85%、女性15%
事業内容
家電小売業
本部
鹿児島県鹿児島市
スローガン
キビキビと、お客様に伝わる『本当の親切』を実行しよう

「休み返上や無理な残業は不要。健康で楽しく働くのがモットー」と代表取締役の坂下陽一社長。

“がんばらない経営”で九州のシェアを続々拡大中

現金値引き特典がつく
『あんしんパスポート』。

九州ケーズデンキは家電量販店・ケーズデンキの九州部門を統括する会社。“がんばらない経営”など本社の経営方針を踏襲し、現在38店舗と着実に成長を遂げている。「がんばらない経営とは、できもしないことを無理にやらないこと。無用に力まないことです」と坂下陽一社長。精神論で無理にさせても結局は破綻し、歪みが出るからだ。また、「各店長は年間112日の休暇をとっています」と管理職でも積極的に休むことを奨励。これらは会社の発展のために大切なこととして、お客様・従業員・取引先を挙げた“三位一体”の方針に由来している。
利益のために第一に掲げるのは経費を抑えるローコスト経営だ。新聞チラシなどの販促物が効率よく配布できるよう、あらかじめ商圏が重なるような出店計画を練り、無駄を省く。ポイントカード制がないのも特徴で、その分を通常から安値に反映させている。
九州ケーズデンキでは“従業員同士を『さん』づけで呼ぶ” “お買い上げの商品は大切に運ぶ”など7つの独自の指針も持ち、地域に根ざした展開を行っている。今年10月には福岡の古賀店がオープン。11月に久留米、2018年1月には大分・中津の出店も控えている。健全な働き方に注目が集まる昨今、今後の躍進に目が離せない企業である。

2017年11月1日時点の情報です

関連記事

オール九州で応援したい
『しまてつ』再生への道

株式会社設立100年を超え、
『百+1貨店』の実現へ

創造性と夢のある菓子作り
熊本銘菓・黒糖ドーナツ棒

人懐こい営業で全国区へ
焼酎一杯で人々を幸せに

もっと見る