ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

コーラや泡盛などのガラス瓶の廃材を再生して製造する『琉球ガラス』。戦後の沖縄で育まれた素朴なガラスは、1998年(平成10年)には沖縄の伝統工芸品に認定されるまでに成長。現在も独自の進化を続けている。

不完全だからこそ美しい沖縄独自の再生ガラス

沖縄では明治時代から、本土伝来の技術を使って薬瓶などの生活用品としてのガラス製造を行っていたが、第二次世界大戦ですべてが焼失。戦後、駐留米軍が使用したコーラやビールなどの色付きガラス瓶の廃材を再生し、新たにガラスを製造しだしたのが現在のスタイルの琉球ガラスの始まりだ。再生ガラスのため、気泡が入っていたり、色が少し濁っていたりするが、その一見難点ともいえるところが、「素朴な琉球ガラスならではの個性」として人気を博し、みやげ物として重宝されるようになり知名度が上がった。
アメリカのもたらしたものを利用し、自分たちならではの新たな文化を生み出す。沖縄の歩んだ歴史を体現した工芸品でもある琉球ガラスは、現在も進化を続けている。
読谷村(よみたんそん)にある『ガラス工房 清天(せいてん)』は、多くの琉球ガラス職人を輩出している、今もっとも人気のある工房のひとつ。「今までにない琉球ガラスを、と注文されたから挑戦してきた」という、親方の松田清春さんの自由な発想から生み出された、海の波を感じさせる"みなも"や、稜線が美しい"モール"など数々の技法は工房独自のもの。素朴ながら繊細で懐かしさも醸し出す製品は唯一無二だ。ぽってりしていてかわいらしい風情の琉球ガラスは、普段使いが似合う新たな伝統工芸品といえるだろう。

ガラス工房 清天

職人や芸術家の工房が多いことで有名な、沖縄県中部の読谷村にある、琉球ガラス職人・松田清春さんの工房兼ギャラリーショップ。作業風景が見学できるほか、商品を工房価格で販売。当日でも参加可能な、手作りガラス体験(¥1,800・送料別途)も好評だ。

  • 沖縄県中頭郡読谷村座喜味1352-1

  • 098-958-1346

  • 9:00~17:00

  • 不定

  • 5台(無料)

琉球ガラス取り扱いスポット

琉球民芸センター くもじ店

『ガラス工房 清天』をはじめ、沖縄の作家の琉球ガラスや陶器などを販売。工芸品のほか、お菓子や泡盛などの沖縄みやげも購入できる。

  • 沖縄県那覇市久茂地3-29-68

  • 098-863-6881

  • 9:00~22:30

  • なし

  • なし

久髙(くだか)民藝店

国際通りで50年営業している老舗。沖縄をはじめ各地の民芸品を販売。琉球ガラスのコーナーでは『ガラス工房 清天』の製品も購入可。

  • 沖縄県那覇市牧志2-3-1 K2ビル1F

  • 098-861-6690

  • 10:00~22:00

  • なし

  • なし

琉球民芸ギャラリー鍵石(きーすとん) 牧志店

重鎮から若手まで、さまざまな年代・作風の伝統工芸作家の商品を展示販売。琉球ガラスのほか、"やちむん"(焼き物)の品ぞろえも豊富。

  • 沖縄県那覇市牧志1-3-61

  • 098-866-0496

  • 9:00~22:30

  • なし

  • 県民地下駐車場(有料、¥2,000以上購入で1時間無料券あり)

琉球ガラス工房 glacitta'(グラチッタ)

『ガラス工房 清天』で修業したガラス職人・横山 功さんの工房兼ショップ。オリジナル商品は、シンプルなデザインで日常使いしやすい。

  • 沖縄県国頭郡恩納村恩納6347

  • 098-966-8240

  • 11:00~18:00頃

  • 不定

  • 2台(無料)

2019年3月1日時点の情報です

関連記事

琉球生まれ、大分育ちの貴重な畳素材

気高さを秘めた緻密な模様に心打たれる

もっと見る