ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

忍者の里、三重県伊賀に伝わる『伊賀くみひも』。色鮮やかな絹糸や金銀糸を組み上げて繊細な美しさを表現し、古くは和装の要として愛されてきた。その技術は暮らしに寄り添い、現代へと受け継がれている。

絹糸の風合いと美しさに組む人の気持ちが宿る

上質な絹糸の柔らかな風合いが魅力の『伊賀くみひも』。その歴史は奈良時代以前に始まったといわれており、茶道具の飾りひもや、武士が携えた刀の下げ緒、そして和装小物へと形を変えながら現代に受け継がれてきた。
1932年(昭和7年)に開業した『松島組紐(まつしまくみひも)店』は、そんな伊賀くみひもの伝統を守る店のひとつ。現在は3代目の松島俊策(しゅんさく)さんの仕事を、長男の健太さんと次男の康貴(こうき)さんが手伝っている。「くみひも作りに使う組台は、『丸台』『高(たか)台』『綾竹(あやたけ)台』という種類があり、商品によって使い分けがなされているんですよ」と教えてくれたのは俊策さん。例えば、『丸台』で組み上げれば伸び縮みが容易な仕上がりに。その締め心地のよさから、普段使いの帯締めに好まれるそうだ。また、柄によって組み方は300種類以上に及び、その技法は店ごとに代々伝わる『綾書(あやが)き』という設計図に記録されている。
『松島組紐店』では、健太さんが絹糸の染め師のもとで修業し、康貴さんは伊賀くみひもを使った商品作りに挑戦。そんな2人の姿を見て俊策さんは「技術を継承し、革新を生み出してほしい」と話す。最近では和装小物以外の分野への進出を考え、ネクタイや時計のベルトといった商品の提案も。伊賀くみひもの伝統は、今日も新たな可能性とともに生き続けている。

くみひも studio(スタジオ) 荒木
(松島組紐店)

松島組紐店の工房兼店舗。『丸台』『高台』『綾竹台』『角台』による組み加工・機械組みの見学ができるほか、店内ではくみひもの小物や、帯締めの販売も。体験(¥1,100~)は要予約で、5~10人を対象に受け付けており、ストラップやキーホルダー作りができる。

  • 三重県伊賀市荒木160

  • 0595-21-1137(松島組紐店)

  • 9:00~17:00(見学・体験は電話にて要予約)

  • 不定

  • 5台(無料)

伊賀くみひも取り扱いスポット

伊賀伝統伝承館
伊賀くみひも 組匠(くみ)の里(さと)

伊賀くみひもの販売、資料展示を行う。『丸台』を使ったくみひも体験(¥1,100)ができる。

  • 三重県伊賀市上野丸之内116-2

  • 0595-23-8038

  • 9:00~17:00

  • 月(祝の場合営業)

  • 6台(無料)

廣澤徳三郎(ひろざわとくさぶろう)工房

1902年(明治35年)創業の老舗くみひも工房。キーホルダーやブレスレットを作るくみひも体験(¥1,000~)は、事前の電話予約が優先。

  • 三重県伊賀市上野西大手町3635-1

  • 0595-21-1127

  • 10:00~17:00

  • 不定

  • 3台(無料)

くみひも平井

伊勢市の『おかげ横丁』にある伊賀くみひもの専門店。ストラップ、キーホルダー、ピアスなど、暮らしになじむアイテムを提案する。

  • 三重県伊勢市宇治浦田1-5-6

  • 0596-26-2377

  • 9:30~17:30

  • なし

  • なし

2020年2月1日時点の情報です

関連記事

琉球生まれ、大分育ちの貴重な畳素材

気高さを秘めた緻密な模様に心打たれる

もっと見る