ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

参道奥の『朱の鳥居』。

降り立ったのは…片瀬江ノ島(かたせえのしま)駅

小田急電鉄江ノ島線の駅。竜宮城をイメージしたデザインで知られる。現在、改良工事中で、2020年(令和2年)5月に完成予定。

相模湾にぽっかり浮かぶ古くから知られる景勝地

1

起伏に富む島内。

秋の行楽シーズン真っ盛り、ということで、今回は神奈川県の湘南地区にある『江の島』へ。小田急電鉄の片瀬江ノ島駅に降り立つと、潮の香りがふわり。海がすぐ近くにあることを感じ、心が躍る。
海上に架かる『江の島弁天橋』を歩いて島に上陸。みやげ物店などが並ぶ参道を上ると、『江島(えのしま)神社』が見えてきた。祀られるのは、天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と誓約した時に生まれた三姉妹の女神。『江島弁財天』として長く信仰され、海の守護神であるほか、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳(くどく)もあるという。江の島を造ったと伝わる弁財天と五頭龍(ごづりゅう)の恋物語が残ることから、縁結びのご利益もあるのだとか。

7

塔は高さ59.8m。

緑あふれる島にまさにロウソクのように立つ『江の島シーキャンドル(展望灯台)』も、江の島のシンボルのひとつだ。展望フロアから見渡すパノラマは圧巻! 箱根や三崎方面をはじめ、天気の良い日には大島なども見えるそうだ。
この時季に江の島を訪れたら、特産のシラス料理は外せない。お目当ては3~12月の漁解禁期間にしか味わえない生シラス。磯料理が自慢の『江之島亭』では丼や定食などで楽しめる。湘南を望むベランダ席で、新鮮なシラスを味わう幸せといったら! 旬の魚介も豊富にそろい、地元の味を満喫した。
海に囲まれ、潮風に吹かれ、のんびり島を歩いて心の洗濯も充電も完了。やはり、島はいいものだ。

江の島の魅力をさらに満喫!

江の島ガラスHOOK(フック)弁財天仲見世通り店

小さな店内に色とりどりに輝くガラス製品をそろえる専門店。約3,000点のなかでも特に人気なのが、江の島にまつわるモチーフのオリジナル製品。『妙音弁財天』(¥1,430)、『五彩龍』(¥1,650)、『シラス』(¥275)など、すべて自社工房で手作りされたものだ。猫形の『江のニャン』(¥440~)や季節のアイテムも人気。

中村屋羊羹店

名物は、1902年(明治35年)の創業時に考案されて以来、江の島の名物として知られる『元祖海苔羊羹』(ミニ¥450~)。白インゲンのあんに、かつては島周辺で採れたという青海苔を混ぜたもので、上品な甘さの中にふわりと広がる海苔の香りが絶妙だ。ドリンク付きの『名物羊羹セット』(¥600)でひと休みするのもおすすめ。

新江ノ島水族館

相模湾に面し、江の島や富士山を望む開放的なロケーションを最大限に活用。地域の特産品であるシラスを世界で初めて繁殖展示した『シラスサイエンス』、約60年の飼育研究を活かした幻想的な『クラゲファンタジーホール』などのほか、イルカやアシカたちの楽しいショーや触れ合いプログラムなどもぜひ体験したい。

  • 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

  • 0466-29-9960

今回の列車タビは小田急電鉄で行こう!

東京都と神奈川県を結ぶ大手私鉄。小田原線、江ノ島線、多摩線の3路線を運行。

『江の島・鎌倉フリーパス』でおトクに!

小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が1日乗り降り自由+発駅~藤沢の往復きっぷ。
周辺の19施設の優待・割引も。

2019年11月1日時点の情報です

関連記事

もっと見る