ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

写真右上から『松笠・柚子最中』『牛蒡餅』『花かすてぃら』。

『Pizzeria MATSUNAGA』は、6月にオープンしたピッツァ専門店。トラフグを養殖する水産会社が美味しさを広めたくて始めたそうだ。フグはおもに和食だし、フグの王様のトラフグを贅沢に使うなんて考えつきそうにないが、既成の考えにとらわれない自由な発想がウケた。人気店に頼み込んで修業をし、完成したのは、もっちりとしたナポリピッツァ。酸味の効いたトマトソースが淡泊なフグの身と合って、つい、もうひと切れと手が伸びる。フグのピッツァ、ありです!
平戸をぶらぶらしていると、菓子店が多いことに気付く。理髪店の数よりも多いとか。砂糖や西洋菓子が次々と届いたこと、文化人であった松浦家の殿様たちが茶文化や菓子作りを支えたことが発展に繋がった。松浦家の御用菓子司を務めた『平戸 蔦屋(つたや)』へ入った。ゴボウの形の『牛蒡餅(ごぼうもち)』や、カステラを卵黄に浸して糖蜜で揚げた『カスドース』は伝統的な平戸の菓子だ。花の形の、『花かすてぃら』は柔らかいスポンジに、シナモンが香る。スパイスといえばそう、『平戸オランダ商館』で輸入品として紹介されていたはず。ここでこんな風に繋がってうれしくなった。

SPOT(F)Pizzeria MATSUNAGA

  • 長崎県平戸市浦の町757-1

  • 0950-23-8887

  • 11:00〜18:00

  • 月、不定

  • 26席(禁煙)

  • 平戸港交流広場駐車場利用

  • 長崎空港より車で約1時間45分

SPOT(G)平戸 蔦屋(つたや)

  • 長崎県平戸市木引田町431

  • 0950-23-8000

  • 9:00〜19:00

  • なし

  • 提携駐車場あり

  • 長崎空港より車で約1時間45分

2018年11月1日時点の情報です

関連記事

九州の小京都冬の日南を巡る

自然の恵みをもたらす“活きた火山”のパワーに触れる

令和時代の“温故知新”犬山フォトジェニック旅

陶石の里に息づくクラフトマンシップ

フーテンが愛した“風景の至宝”人情あふれる下町を歩く

もっと見る