ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

あんことクリームたっぷり。

1

店主の髙松聖司さん。

天草の鯛焼きは丸っこくてかわいい。頭や尾はくるりと畳まれて、円形に収まっている。子どももお母さんもおばあちゃんも、特に市内の人たちにとって、鯛焼きといえば昔からこの形なのだそうだ。惜しまれつつも閉店し、その味は一時期途絶えていたが、2017年(平成29年)、『たい焼きカフェ まるきん』として復活。地元出身の放送作家・小山薫堂氏や、パティシエのエス コヤマ氏など心強い協力者を得てのスタートとなった。
店先ではパタン、パタンという音。自動でひっくり返る珍しい焼き機を使っている。その光景に釘付けになる子どもの姿も昔のままだそう。鯛焼きは、あんこと、茶葉が練り込まれたカスタードクリーム入り。優しい甘さに、すぐもうひとつとお代わりしたくなる。ますます荷物が重くなるなあ、なんてうれしい悲鳴をあげながら、おみやげに買って、旅の終わりとした。

SPOT(H) たい焼きカフェ まるきん

  • 熊本県天草市中央新町11-10

  • 0969-22-2727

  • 10:00〜18:00

  • 水(祝の場合翌日)

  • 27席(禁煙)

  • 1台(無料)

  • 阿蘇くまもと空港より車で約120分

2019年11月1日時点の情報です

関連記事

九州の小京都冬の日南を巡る

自然の恵みをもたらす“活きた火山”のパワーに触れる

令和時代の“温故知新”犬山フォトジェニック旅

陶石の里に息づくクラフトマンシップ

フーテンが愛した“風景の至宝”人情あふれる下町を歩く

もっと見る