ホーム

ソラタネについて

連載コンテンツ

商店街の入口には、翼を広げる鳥が描かれている。懐かしい店や斬新な店が混在し、壁画やオブジェも点在するなど、不思議な空間となっている。

1

『本日のスコーン』(¥300)。モーニングの
コーヒーセットは¥550。

翌日は別府市へ。湯煙舞う温泉の町でアートの息づかいを感じるとしよう。
JR別府駅から5分ほど歩いた先にある『北高架商店街』。高架下にいくつもの店舗が軒を連ねる商店街で、知る人ぞ知るアートなスポットである。
入口そばに立つ『センペルビウム』は、1階はカフェと雑貨、2階でイベントや展示会などを催している店だ。オーナーの後藤美妃子(みきこ)さんは、もともと店舗経営などとは無縁の主婦。雑貨店やカフェは好きだったというが、ふとした縁がきっかけでこの店を開業することになり、右も左もわからぬ状態で最初はてんてこまい。「山に向かって、やめときゃ良かったーと何度叫んだことか(笑)」と当時を振り返る。店内に併設するカフェ『ふくわここ』を切り盛りするのは、北川晶子さん。メニューは、発酵バターや地元食材を使い、丁寧に手作りしたものばかり。この日のオススメは『バジルとチーズのスコーン』。香り豊かで、添えられたレモンクリームとの相性が光った。ちなみに、北川さんの本職は占い師。代々占い師という由緒正しき(?)家系で、水晶占いはよく当たると評判だ。

商店街の中ほどにある『ONtheON』は、服飾デザイナーの長野 温(おん)さんと母親のゆう子さんが営む。もとはアトリエとギャラリーだったが、昨年5月に『café Buttonhole(カフェ ボタンホール)』を兼ねる店としてリニューアルした。この日はゆう子さんがもてなしてくれ、店のこと、商店街のこと、この町のことを丁寧に話してくれた。コーヒーはテイクアウトで頼んだのに、ついつい話し込んで結局長居してしまった。
そのほかにも、無人の小さな図書館や美容室、飲食店など個性豊かな店舗が並ぶ。誰の仕業か知らないが、天井からはカワウソが顔を出していたり、トイレもやたらカラフルだったり。いい意味で心がざわめく魅惑のゾーンだ。

SPOT(F)センペルビウム

  • 大分県別府市駅前本町9-20

  • 0977-76-5338

  • 8:30〜17:00(LO16:00) ※カフェは占いのため変更あり

  • 不定

  • 水晶占い20分¥3,000(水日)

  • 8席(禁煙)

  • なし

  • 大分空港より車で約50分

SPOT(G)ONtheON(café Buttonhole(カフェ ボタンホール)

  • 大分県別府市駅前本町9-20

  • 0977-84-7610

  • 11:00〜18:00

  • 10席(禁煙)

  • なし

  • 大分空港より車で約50分

2020年4月1日時点の情報です

関連記事

九州の小京都冬の日南を巡る

自然の恵みをもたらす“活きた火山”のパワーに触れる

令和時代の“温故知新”犬山フォトジェニック旅

陶石の里に息づくクラフトマンシップ

フーテンが愛した“風景の至宝”人情あふれる下町を歩く

もっと見る