• トップ
  • ちばりよ〜首里城!再建応援への寄付
ちばりよ〜首里城!再建応援への寄付
ちばりよ〜首里城!再建応援への寄付
首里城正殿の2026年の復元を願って 2022年3月18日(金)〜4月27日(水)に東京(羽田)-沖縄(那覇)線にご搭乗いただいた1席あたり26円分を2022年7月21日(木)に沖縄県の首里城未来寄付金の窓口へ寄付いたしました。 寄付金額 817,544円 皆さまのご厚意に心より感謝申し上げます。

首里城ってどんなところ?

首里城

首里城は、琉球王国の国王の居城で、琉球の政治、外交、文化の中心として栄えたと言われています。2000年12月には、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録され、沖縄のシンボルとして親しまれてきました。
しかし、2019年10月31日の火災により、正殿を含む建物9棟が焼損しました。現在は2026年の正殿復元を目指して、復旧作業が進められています。

  • 火災直後の様子(首里城正殿前)
    火災直後の様子(首里城正殿前)
  • 現在の様子(首里城正殿前)
    現在の様子(首里城正殿前)
  • 復旧後の様子(イメージ)
    復旧後の様子(イメージ)

再建中の首里城は見学が可能となっています。
正殿石階段、龍頭棟飾の鉄骨や破片など火災後の残存物や復元に向けた取り組みをご覧いただけます。
現在の首里城復元への取り組みについてはこちらからご確認いただけます。

2019年の首里城火災からお客さまとともに実施した首里城再建への支援

2019年11月〜12月

火災直後に支援金を寄付、ソラシド スマイルクラブ会員への義援マイルの呼びかけ、社員による募金を実施しました。

ソラシド スマイルクラブ

2020年8月〜10月、2021年5月〜9月

涼やかなブルーの生地に、首里城にゆかりの深い植物「芭蕉」と沖縄の青空によく映える鮮やかで力強い赤瓦を思わせる首里城のシルエットをデザインしたオリジナル扇子を制作し、機内や機内販売Web申込にて販売いたしました。※売上の一部は寄付されます。
2022年5月よりオリジナル扇子を機内販売およびソラシドエアオンラインショップで販売しています。

PAGE TOP