空恋プロジェクト [ Sorakoi Project ]

熊本県天草地域「VISITあまくさ号」

熊本県天草地域「VISITあまくさ号」

機体名称

VISITあまくさ号

機体番号

JA808X

運航開始日

2019年10月30日(水)

運航終了日

2021年4月29日(木)

特徴

機体デザインをリニューアルし、2015年4月に続いて2回目の登場です。
多くの方に天草地域へ来ていただけるよう願いを込めて、今回の機体名称も「VISITあまくさ号」にしました。
新デザインの前方は天草の海で泳ぐ『イルカ』、機体側面は2018年7月に世界文化遺産に登録された天草の﨑津集落のシンボルである『﨑津教会』が描かれています。
そして、天草の魅力をもっと知ってもらおうと張り切っている、熊本県営業部長兼しあわせ部長の『くまモン』の姿も♪
「魅力たっぷりの天草にぜひ来てほしい!」という想いを込めた機体が、日本中の空を飛び回り、天草の魅力をアピールします。

熊本県『天草地域』って、どんなところ?

天草地域は熊本県の南西部に位置し、大小約120の島々から構成されています。天草五橋で繋がる天草松島は島々の織り成す光景が美しく、『日本三大松島』のひとつに数えられています。
特に人気なのが、『イルカウォッチング』。野生のイルカ約200頭が生息する天草市五和町(いつわまち)の沖は、一年を通してほぼ確実にイルカに会える、全国でも希少なスポットです。
また、ウニや伊勢エビ、天草大王、晩柑、天草南蛮柿(イチジク)等、海の幸・山の幸が豊富です。旬に各所で開催されるフェアでは、天草の新鮮な〝うまかもん″をふんだんに使用した、絶品料理やスウィーツを堪能できます。
阿波踊り等全国のハイヤ系民謡のルーツといわれ、江戸時代後期から伝わる『牛深(うしぶか)ハイヤ節』や、名産の天草陶石で作陶する『天草陶磁器』、キリシタン信仰の歴史等、天草ならではの伝統・文化が息づいています。

【お問い合わせ】

天草宝島観光協会

[住所] 〒863-0023
熊本県天草市中央新町15-7天草宝島国際交流会館ポルト内1F
[TEL] 0969-22-2243
[HP] https://www.t-island.jp/

天草四郎観光協会

[住所] 〒869-3603
熊本県上天草市大矢野町中11582-36
[TEL] 0964-56-5602
[HP] https://kami-amakusa.jp/

苓北町観光協会

[住所] 〒863-2503
熊本県天草郡苓北町志岐660苓北町商工観光課内
[TEL] 0969-35-1111
[HP] https://reihoku-kumamoto.jp/
熊本県天草地域

熊本県天草地域 VISITあまくさ号の機体写真

PAGE TOP